ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車
bms風呂ンティア メモ帳:第六回目「HARDCORE techno」
fc2ブログ

bms風呂ンティア

風呂でかがやく星々を観測しては今日もゆったりこっそり書き紡いで夢が広がるbms紹介の記録                       ここはbms紹介・作家インタビュー・ジャンル勉強ブログらしいです。

メモ帳:第六回目「HARDCORE techno」

どうもこんにちは。
今回はハードコアらしいですよ。

czardas氏の質問投稿最終日な
訳ですので皆さんなんでも拍手で質問投稿してくださいね。
全部聞いてきますのでw
一緒に勉強しようぜ!と言う優しい方がいらっしゃいましたら、
どうぞ続きを読むをクリックしてください。

1.13ブレイクコア多少修正しました。

BMS活性化運動


これから書く記事は基本的にWikipediaを参考に私が適当に解釈して書いています。
これ違うだろ…とか思ったら指摘してくれると幸いです。

ハードコアテクノは、1990年代初めから半ばにかけてオランダのロッテルダム、
アメリカのニューヨーク、オーストラリアのニューキャッスルなど
多数の場所で出現した電子音楽のスタイルである。
(Wikipediaより要約)

という訳で、第六回目は激しいビートが特徴ハードコアです。
ハードコア・パンクとかハードコア・ラップとか有るらしいので勘違いしないでね。

個人的には高速テクノっぽいジャンルとしか
思っていない訳ですが偏見っぽいですけどw


ハードコアテクノ
コア=本質、ハード=激しいとの事なのでテクノの本質、
無機質、四つ打ちを激しく前に出したジャンルなんじゃないかなと勝手に解釈してます。
基本的にはサンプリングなどを多用したリズミカルなリズム隊でビートを形成しており、
テクノと同じ無機質で歪んだエフェクトの掛かった四つ打ちキックが特徴です。
BPMは160~180以上とかなり高速なリズムで展開して行き、
声ネタを多用してみたり、メロディアスさを極力排除した反復性のある
シンセサイザーの音やベースライン、ビートを強調したジャンルらしいです。
最近は同人界でもハードテクノ系の音楽はよく見かけますよね。
と言うか、ハピコア多すぎっす。
precis fan氏の「NIGHTMERE TO THE DEATH "drive dub mix"」がHaredcoreです。
BMSは結構technoとか他のジャンルと混じってて見つけづらかったりします。
本家だとMAX300とかですね。


簡単に言うと高速テクノ、リズム重視ですね…。
あながち偏見じゃない気がするますw
ではBMSでよく使われる細分化ジャンルへー。


ブレイクコア
ハードコアテクノにブレイクビーツ+ノイズ(グリッチ音)を組み合わせたジャンルです。
ブレイクコア自体、結構定義が曖昧でありドリルンベースや
ノイズ音楽などに近いものもあります。
リズムが細かく複雑、BPMもハードコアと同じく高速なものが多いです。
BJC8登録曲Glome氏の「Een Lijden」がブレイクコアらしいです。
「GIG」がブレイクコアと書いていましたが違ったようです。
指摘ありがとうございます。


ロッテルダムテクノ
ハードコアテクノに音割れしたメロディ、キックなどを多用し
エフェクトをかけた特徴的なSEなどを使っている重い楽曲が特徴です。
BPMは160~200が多く兎に角、馬鹿みたいに高速なものが多いです。
socer氏の「ttt」が有名な気がします。

ガバ
ロッテルダムテクノの発生ジャンルで
ロッテルダムテクノよりディープな音使いを求められてできたジャンルです。
リズム重視でロッテルダムよりも複雑なものが多く、BPMは180以上なものが多いです。
keyc氏の「Forceful Beat」が有名ですよね。

ハッピーハードコア
ピアノブレイクビーツ+ロッテルダムテクノを足したようなジャンルで
BPMは165以上、シンセサイザーを使ったポップで明るめのメロディが特徴のジャンルです。
siromaru氏の「murmur twins -4.6.0 beat mix-」が有名ですね。

ハードスタイル
四つ打ちベースラインにいくつものシンセフレーズをループさせるジャンルです。
なんだかよく分かりませんが、ハードコアキックに裏打ちハイハットが特徴らしいです。
nixx氏の「music now」がハードスタイルですね。
ミニマル並みに反復してますけど。

シュランツ
ここにどうぞ

スピードコア
すっごい速いよ!
BPM200以上は当たり前、多分ハードコアのBPMを上げただけだと思う…。
sanan氏の「DoomZday-(my)justice 2nd-(remake)」がそうですね。
速いです。

トランスコア
トランスのBPMを高速化、ハードコア化したジャンルです。
細かく言うとメロディはトランス、リズムはハードコアでけど。
あれですね。
最近紹介した、Cres.氏の「End Time」はトランスコアなんですね。きっと。


結構書くのに時間が掛かった気がします。
大体、4時間くらい…こんな文章に4時間…orz
まぁ色々やりながらだったのでいいんです。
少なくとも3人くらいは見てくれそうですし。
次回は何にしますかねー若干ネタ切れ気味ですがw
スポンサーサイト



ジャンル勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第一回 作家様へのインタビューの予定 その2 | HOME | [2 STEP] EAST MEETS WEST (Low's O.N.E. MIX - BMS EDIT) / DJ Shota-Low>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |