ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車
bms風呂ンティア メモ帳:第二回目「Drum'n Bassについて」編
fc2ブログ

bms風呂ンティア

風呂でかがやく星々を観測しては今日もゆったりこっそり書き紡いで夢が広がるbms紹介の記録                       ここはbms紹介・作家インタビュー・ジャンル勉強ブログらしいです。

メモ帳:第二回目「Drum'n Bassについて」編

暇だったのでさっさと書いてみます。
前回は大まかなジャンルについて書きましたが、
今回は予定道理Drum'n Bassについて書こうと思います。
一緒に勉強しようぜ!と言う優しい方がいらっしゃいましたら、
どうぞ続きを読むをクリックしてください。

BMS活性化運動


これから書く記事は基本的にWikipediaを参考に私が適当に解釈して書いています。
これ違うだろ…とか思ったら指摘してくれると幸いです。

ドラムンベースは、基本的にはジャングルと同じように
高速で複雑なリズムと低いベース音を特徴とした音楽。(Wikipediaより)

との事ですが、そもそも私はジャングルって何よって感じなので(ry

ジャングル:
遅めのテンポ(レゲエ)のベースラインに対し、
その倍速のブレイクビーツを重ねたスタイルのことを指します。
高速で複雑、且つ再生速度を上げて比較的軽い音のリズムパターンを基調に、
遅めのテンポでゆっくりした伴奏やベースを乗せるというものらしいです。
BMSでは、LOKI氏の「ラベンダーの咲く庭~DIGITAL FLOWER JUNGLE~」があります。
ジャンルを知って聞くと違う聞き方ができて新鮮で面白いですね。
ARMYTOM氏とか得意そうな感じがしますw

との事ですが、ぶれいくびーt(ry

ブレイクビーツ:
そもそも、調べていてブレイクビーツはジャンルに入るのか微妙な感じですね。
サンプラー(サンプリングされた音)などの
ドラムのフレーズを分解して組み立て直す音楽制作の方法らしいです。
ですので、リズムのパターンが多様化して様々なジャンルに組み込まれているようです。
(ヒップホップ、ビッグビート、エレクトロニカなど)
ジャンルとして扱われる時は、ジャングルやドラムンベースなどのブレイクビーツを
主体としたジャンル全てを指す場合と、ブレイクビーツを主体としている
音楽を限定的に指す場合の二種類があるらしいです。
これで、謎g(ry
限定されたジャンルで言うと、
Octa the B.G.氏のBJC8登録曲「ブレイクビーツⅡ」がそうですね。
聞いてみると確かに複雑なドラムパターンがあります。

との事です。
ここで、(やっと)ドラムンベースに入って行きたいと思います。

ドラムンベース:
このドラムンベースはジャングルの進化系、発展型でジャングルでの
ラガ(電子音っぽいやつ)的な要素を薄くして、
名前の通りドラムとベースに特化して行った物らしいです。
他のジャンルとの大きな違いはBPMの速さらしいです。
ドラムンベースはBPMが150~170あたりが普通ですが、
ベースは比較的ゆったりと進むものが多く、
この速いドラムと遅く音階のほとんどない重低音ベースで構成されるのが一般的のようです。
BMSでは、ブレイクビーツやジャングルが少なくドラムンベースを
よく見かけるのは、やはり音塊を少なくできるからでしょうか?
有名所で、6yen氏やATMBZK氏など 
凄いドラムンベースのBMSを作っている人は沢山いますね。

これでドラムンベース、ブレイクビーツ、ジャングルは完璧…ですよね?
次回は…何にしましょうか?(;・∀・)
と言うかこれ疲れるから次回あるk(ry

参考
Wikipedia
スポンサーサイト



ジャンル勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<[ DarkBreaks ] Alastor / 鳩 | HOME | [ DOWNTEMPO ] Aquamarine metamorphoses / Hate>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |