ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車
bms風呂ンティア メモ帳:第四回目「TECHNOについて」編
fc2ブログ

bms風呂ンティア

風呂でかがやく星々を観測しては今日もゆったりこっそり書き紡いで夢が広がるbms紹介の記録                       ここはbms紹介・作家インタビュー・ジャンル勉強ブログらしいです。

メモ帳:第四回目「TECHNOについて」編

連休って暇すぎるのも考え物ですよね。
多忙な人に言ったら怒られるかもしれませんがw
いっそ、そのジャンルごとのBMSでも作ってみようかな。
まぁ、多分やりませんけど。多分。
一緒に勉強しようぜ!と言う優しい方がいらっしゃいましたら、
どうぞ続きを読むをクリックしてください。

BMS活性化運動


これから書く記事は基本的にWikipediaを参考に私が適当に解釈して書いています。
これ違うだろ…とか思ったら指摘してくれると幸いです。

テクノはハウス、ディスコなどに影響を受けつつ
より実験的な音作りに向かい、機械音を重視したデトロイトを
発祥とするエレクトロニックダンスミュージックである。(Wikipediaより要約)

という訳で、第四回目は電子音楽の王道テクノを紹介したいと思います。

ハウスは前回紹介しましたがディスコはまだなので…

ディスコ:
ディスコ音楽とは、飲食店などでダンスをさせる音楽の事を指していて、
ダンスミュージックの元祖とも取れるジャンルの1つです。
(ジャンルと言えるかは微妙な感じがしますが)
初めは、ファンクやソウル、R&Bなどをベースにした
ダンス向きの音楽をレコードにかけて流していました。
今では、踊れる音楽の中に電子音楽の影響などが混ざっていたりしていて、
これがディスコの定義!って決めるのは難しいみたいです。
よく分かりませんがあえて言うなら、反復性のある、
ノリの良い音楽ってだけでしょうか?(;´Д`)
踊りやすいと言うことは、BPM120~130あたりで
ファンクやソウル、R&Bがベースらしいのでバックビートが基本なんでしょうかね。
BMSでは、~Discoのように他ジャンルを
踊りやすくした~みたいな感じの時に多い気がします。
有名所で言うと、cranky氏の「1st Anniversary」(LATIN DISCO)とか、
naotyu-氏の「Beau Rivage」(DISCO HOUSE) でしょうか?

よく分からなかったので推測混じりまくってます。


テクノ:
テクノとは、ジャンルとしても成立しても数々の
音楽ジャンルの影響を受けて、定義が曖昧になっているそうです。
その中で、広義的なテクノと言う広い意味を持つテクノと言うジャンルと、
陜義的なテクノと言う本来の無機質+反復性を持った
テクノと言うジャンルが出来ているみたいです。
広義的なテクノは、ジャンルと言うより電子機器を使った
製作工程を経て出来た音楽の事を指しているようですが、
電子機器を使っていてもヒップホップは含まれない
と言う曖昧さ…人によってその定義が異なるそうなのめんd(ry
陜義的なテクノは極端に言うと四分打ちを基調にした
無機質音楽で、細分化が進んでいるので
無機質+四つ打ちの音楽を適当に作っても、
細分化されたテクノに当たりそうな気がしますが(偏見)
BPMは130か少し下だと思っていいと思います。多分。

BMSでよく使われているテクノと関係有りそうなジャンルを紹介したいと思います。

ハードテクノ:
資料が見つかりませんでs(ry
140~150程度のBPMでテクノの様に無機質な音を持っています。
違いはBPMの速さだけでしょうか?(;´Д`)
nixx氏の「feedpointシリーズ」がハードテクノですね。

テクノポップ(エレクトロポップ):
シンセサイザーを多用したポピュラー音楽の事でテクノポップとは
日本のみで使われている音楽用語です。
Is-m氏(parakeet41氏)の
「innocent infant」「adolescent person」「GRADUATING TRAVELER」
が有名ですよね。

アンビエントテクノ:
アンビエント(単純に言うとビートのない{多少あるものもあります。}
その場に溶け込んでしまうような音楽ジャンル)にテクノの
無機質なビートを混ぜたものを指します。
Yamajet氏の「the world (which the specimen looked)」が分かりやすいです。

ミニマルテクノ:
テクノの要素をでフレーズを小さくし、展開を最小限のものにとどめ、
反復を基本にしたジャンルの事で実験的な音楽の1つとされています。
BMSでは、Syatten氏の「the discarded lively motion」がミニマルテクノですねー。

ハードコアテクノとかハッピーハードコアとか別の機会にします。
めんd(ry
文だけってのは味気ない物ですね…。
ちなみに例に上げているBMSは、多分全てDLできます。
次回は…。

参考
Wikipedia
Sonority As Scenery
スポンサーサイト



ジャンル勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<[ Instrumental ] Emerald Green / 未来 | HOME | [ Trance Fusion ] Dream Of Winds / LOVE™>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |