ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車
bms風呂ンティア メモ帳:第五回目「TRANCEについて」
fc2ブログ

bms風呂ンティア

風呂でかがやく星々を観測しては今日もゆったりこっそり書き紡いで夢が広がるbms紹介の記録                       ここはbms紹介・作家インタビュー・ジャンル勉強ブログらしいです。

メモ帳:第五回目「TRANCEについて」

深夜に更新です。
BMS…?
ごめんなさいorz
一緒に勉強しようぜ!と言う優しい方がいらっしゃいましたら、
どうぞ続きを読むをクリックしてください。

追記:
今、拍手くれた人ありがとうございますw
体壊しちゃアレなんで速く寝たh(ry

BMS活性化運動


音楽におけるトランスとは、ハウスから派生した音楽の一種である。
そのリズムやメロディは、さも脳内の感覚が幻覚や催眠を催す「トランス状態」に
誘うかの様な様式からトランスと呼ばれている。(Wikipediaより要約)

という訳で第五回目は、
多分一般人がもっとも取っ付き易いジャンルのトランスを紹介したいと思います。

ハウスから発生なんですねー細かく言うとアシッドハウス
(ダブ要素を取り入れたハウス、ダブについては下記参照)からの発生ですが。
電子機器音楽の元祖(多分)は偉大です。

今、私が思い浮かべるトランスは綺麗系の音楽ですが、
今トランスには、2つの潮流があるそうです。


エピック・ユーロ系のトランス
綺麗なメロディ、分かりやすいブレイクなどを意識して作られており
130~150くらいのBPMのリズムに加えて、うねるようなシンセメロディが特徴です。
ループ、裏打ちを強調した四つ打ち、フィルターを多用したシンセを使うのが基本です。
簡単に言えば取っ付き易いポップ調で、綺麗な歌モノが多いらしいです。

こっちが私が思い浮かぶトランスですね。
では、BMSでよく見かける細分化されたジャンル紹介を…


ユーロトランス:
主にヨーロッパを中心に展開されているトランスらしいです。
「エピック・ユーロ系のトランス」の説明と同じと考えていいと思います。
MILK氏の「Lost World」がユーロトランスですね。
BPMは速めの160ですが、うねるようなメロディが分かると思います。

ダッチトランス:
壮大でメロディアスな楽曲。
ブレイクのあとに壮大でメロディアスなシンセ音でヨーロピアンなメロディを鳴らし、
スネアフィルが入ってくる、という典型的なものが多いらしいです。
SHIKI氏の「- JUPITER -」がダッチトランスですね。
スネアフィルに響くシンセが良く分かります。

エピックトランス:
哀愁感漂うあまりうねらないシンセメロディに、空間系エフェクトが掛けられており、
他のトランスよりもメロディがハッキリしており全体的に聞きやすい楽曲が多いらしいです。
Urban Techno Cafe氏の「Airflow」や、Syatten氏の「the sunlight」
BMS向きなトランスだからでしょうかエピックは名作が多いですね。

ジャーマントランス:
速いBPMに、優しく素直な、単調で同じフレーズを繰り返すメロディが特徴的なトランスです。
今では、ミニマルなどに変化しているようです。
AQUA & REONA氏の「stardust / bms edit」がジャーマンですね。


ゴア・サイケデリック系のトランス

サイケデリックトランス:
今までのジャンルの単調な展開、重低音と高音とは違う
複雑な倍音構成の音色を重視しており、

シンセなどの電子機器を多用した
ダブ(音処理の手法のこと空間系音処理{リヴァーブ、ディレイとか}などを指す。多分)
 +
フレーズが細かく刻まれている音
 +
速いBPM
 +
宗教的(イスラム音楽、アラビア音楽など)、ワールドミュージック要素

の様な要素を組み立てた、今までのジャンルに無いような音楽らしいです。
narve氏の「osmosis」がそうですね。
機械的な音でありながら、どこか民族音楽的なのが分かると思います。

ゴアトランス:
サイケデリックトランスと明確な線引きはありませんが、ゴアトランスのほうが
エフェクトがきつく掛けられていたり、大きいブレイク、宗教的要素が強いなど、
で分けているそうです。
Kak-ta氏の「22」がゴアトランスですが、aym氏の「PLASMASPHERE」の方が
ジャンルはサイケデリックですが分かりやすいと思います。多分。

ゴア=有機質、民族的 サイケ=無機質、金属的
みたいに大雑把にも分けれるらしいです。


えらく更新が遅くなってしまいました…。
しかも、BMSとか全然進んでないですよorz
例で紹介しているBMSは多分全部DLできますので、
持っていない人は是非遊んで体感してみてください。(Ariflowはアーカイブ必須
文章読むよりそっちの方が速いですw
次回は、jazzですね。多分。紹介漏れしたジャンルを紹介するかも。

参考
Wikipedia
スポンサーサイト



ジャンル勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<メモ帳:番外編「メロディについて」 | HOME | [ fantasia ] 雪月夜鐘 / guna>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |